メラノーマに対する治療|癌がまだ初期の頃|手遅れになる前に消滅させよ

癌がまだ初期の頃|手遅れになる前に消滅させよ

医者

メラノーマに対する治療

病院

免疫治療の効果がもっとも発揮されるのはメラノーマです。メラノーマとは皮膚がんの1種ですが、病院で治療する場合は免疫治療を受けることが多いです。そもそも免疫治療とは、リンパ球やマクロファージなどの免疫細胞を活性化させることで、免疫機能を高めて特定の症状を治療するというものです。特に、がん細胞の異常増殖を抑制するのに用いられています。メラノーマとよばれる悪性黒色腫はがんの中でも免疫反応を引き起こす力が強く、自然治療が非常に難しいです。そのため、免疫治療が行われる割合が高いです。サイトカインという生理活性物質を使ってがんの免疫反応を強化させたり、がん細胞を積極的に攻撃させます。そうしてメラノーマを治療していくわけです。

メラノーマの免疫治療で使われるサイトカインを投与する方法は、主に注射になります。原発巣の周囲に注射することが一般的であり、フェロン療法とよばれています。病院に行くとこの治療を受けることになりますが、最近、新しい治療薬が登場しました。それは免疫チェックポイント阻害薬といいます。がん細胞が免疫細胞からの攻撃を免れることができるのは免疫機構のメカニズムを抑制しているからです。この新しい薬はがんの免疫抑制機能を解除する働きがあり、免疫機能を十分に発動させてがん細胞を死滅させていきメラノーマを治療します。ちなみに、こうしたメラノーマに対する免疫療法はまだ健康保険の適用が効きませんが、将来的には変更される可能性があります。